ヘアウェアビューティプログラムは、がん治療患者の皆様の美と心の健康を支えます

トップ > ウィッグに関する情報 > がん治療の副作用とルックス対策

がん治療の副作用とルックス対策

がん治療の副作用とルックス対策

治療中は外見にも変化が現れ、気持ちも沈みがち。
そんな時こそ、新しい自分の魅力を引き出すルックス対策でおしゃれを楽しみ、治療を乗り越えましょう。

HAIR ヘア

抗がん剤投与により脱毛しますが、終了後は必ず髪が生えてきます。

がん治療の副作用とルックス対策

脱毛前、自毛回復期にはショートヘアがおすすめ。
脱毛中はウィッグを使用します。
いつもの自分らしいヘアスタイルを選んでも、自分の髪ではできなかったようなスタイルでイメージチェンジするのも素敵です。
部分ウィッグや帽子、バンダナなどを使えばアレンジの幅も広がりますよ。

STYLING スタイリング

術後の傷跡、抗がん剤治療によるむくみ、放射線治療による皮膚の変化やかゆみなど。

がん治療の副作用とルックス対策

ゆったりとつけ心地のよい素材の下着を選びましょう。
体のラインが変化して今までのようなファッションは似合わなくなるかもしれませんが、カラーコーディネイトで気分を変えたり、スカーフや アクセサリーをうまく使って、これまでとは違う着こなしにチャレンジするのもいいですね。

MAKE メイク

肌荒れ、肌のくすみ、まゆ毛・まつ毛の脱毛、爪の変色・変形など。

抗がん剤投与により脱毛

肌を明るくつややかに見せるベースメイク、アイブロウやアイライン、つけまつげなど目元を印象的に仕上げるアイメイクで気になる部分をカバーします。
スキンケアは十分な保湿とUV対策を。
爪は炎症や痛みがなければ、マニキュアやベースコートで保護します。

EMOTIONAL エモーショナル

不安や焦りなど心の負担が大きく、精神的に不安定になったり、うつ状態になることも。

がん治療の副作用とルックス対策

一人で抱え込まず、家族や友人、担当医、看護師など周りの人に話を聞いてもらうだけでも心が軽くなります。
治療を体験した方に話を聞くのもよいでしょう。
そして、自分らしい美しさが叶うようなメイクやおしゃれをして体調の良い日には積極的に出かけることも気分転換になります。