ヘアウェアビューティプログラムは、がん治療患者の皆様の美と心の健康を支えます

トップ > メイク&スタイリング > メイクアップアドバイス

メイクアップアドバイス

メイクアップアドバイス

まゆ毛・まつ毛の脱毛、肌荒れやくすみで顔の雰囲気が変わってしまうことも。気になる部分をカバーし、いきいきと元気な印象になるメイクをしてみましょう。

自然なアイブロウ(眉)の描き方

自然なアイブロウ(眉)の描き方

まゆ毛が抜けてしまうと、どこから描いてよいのかもわかりません。
まずは眉の位置を決めることから始めます。
アイブロウペンシルとアイブロウパウダーを使って、ふんわりとやさしい自然な眉を。

A:眉頭 小鼻あるいは目頭の真上を縦ライン(a)
目頭から目の幅の1/2の長さを上に伸ばしたライン(b)が交わるポイント。

B:眉山
黒目の外側の延長線上。眉のカーブが最も高くなる。

C:眉尻
小鼻と目尻を結ぶライン。

アイメイクで目元をくっきり

アイメイクで目元をくっきり

まつ毛が抜けると、目元がぼんやりした印象に。アイシャドウとアイラインで目元を引き締めます。
つけまつげをつけるのもよいでしょう。

肌を明るく艶やかに見せるコツ

肌を明るく艶やかに見せるコツ

「隠す」よりも透明感を引き出し、艶やかな肌を作りましょう。
コンシーラーとファンデーション、チークで明るくいきいきとした雰囲気に仕上げます。

1.メイク下地を丁寧に塗る。
治療中はシミができやすいので、UV効果の高い下地がよい。

2.リキッドファンデーションを少量、薄くのばす。
※パウダリーファンデーションの場合は3のコンシーラーを先に。

3. ①~⑤の5か所にクリームタイプのコンシーラーをのせ、指で軽く叩いてなじませる。

4.ルースパウダー(粉状おしろい)で全体の質感を均一に。
3のポイントにハイライトを入れるとより明るく仕上がる。

5.ニコッと笑った時、頬が一番高く膨らむ部分⑥にチークを。
大きめのブラシで、内側から外側に向かってふんわりと。

顔はもちろん、体にも